ルーム




『悠然と、品格ある風雅な時間』をテーマにした
感性を刺激するスタイリッシュルームです。
モノクローム調のコントラストを巧みに操り、
意匠を凝らした照明により光と影の均衡を保つことで、ゲストに上質なくつろぎをもたらします。
見栄や虚勢が無意義な悠久の時の中で、
在るがままの自分と出逢い、
自己解放の波に漂う安堵感が、
やがて日常から時空を切り離していくことでしょう。